頑張っているのに結果にならないとか、商品やメニューの質や内容はとっても良いのに広がらないのはなぜなのかなと思ったことはありませんか?

そんなとき、一般的には、「努力が足りない」とか「事業計画があまい」とか「広告宣伝が足りない」などと考えがちです。しかし、運に味方になってもらえば、今までと同じ努力で売り上げを倍以上にすることができます。

このページでは、九星気学を活用して、売り上げをあげて行く方法をお伝えします。

売り上げと仕事量はイコールなのか

あなたは現在、どんなメディアを使って、どんな発信をしていますか?また、どんな商品を持っていて、どんな活動状況でしょうか。また、どのくらいの売り上げを目指していて、今はどれくらい達成できていますか?

これらをあらためて考えてみたとき、あぁ自分は全然できていないな…と気持が落ち込む方もいらっしゃるかもしれません。もし、あなたが、落ち込んでしまったとしたら、売り上げをあげるためには、今以上に頑張って働くしかないと思っているからです。

しかし、見えないチカラである運を活用するビジネススタイルだと、自分の強みを活かして働くことで、評価が上がり、売り上げが上がるので、楽しみながら収入を倍化させていくことができます。

つまり、「売り上げを倍にしたいなら、仕事量を倍にしなくてはならない」というのは、思い込みなのです。

努力が結果に繋がらない理由

もし、あなたが努力をしているにもかかわらず、結果に繋がっていないとしたら、自分の運やもともと持っている個性に気付かず活かせていないからだと言えます。

世間一般的によく言われるような努力をしていても、あなたの個性が光っていない場合、見つけてもらえなかったり、忘れられてしまっていたりするのです。

ですから、今ある商品にあなたらしさを一工夫加えたり、発信の方法に個性を出したり、フォローの仕方をほんの少しだけ変えてみるだけで、結果は変わってきます。

大幅な変化を加える必要はありません。ほんの少しだけでいいのです。簡単に言えば、バージョンアップしたり、シリーズ化したり、単発講座を定期コースにするなど、ちょこっとだけ工夫を加えてみてください。これだけで、結果になります。

また、ターゲットの年齢層をちょっと変えてみるとか、かける言葉を丁寧にするということも良いでしょう。今あるものに、ほんの少しだけ、今できることを1つ加えるだけでいいのです。

その1つのやり方が上手くいったら、また次に応用して、さらに次…と少しずつやっていければ良い結果になります。

自分の強みに合った仕事の仕方とは

あなたは、自分らしさや個性を仕事に加えてくださいと言われて、具体的に何をすればいいか分かりますか?

「分かっていたらとっくにやっているよ」と言われてしまいそうです。自分らしさや個性は、九星気学を用いて、生年月日から導き出すことができます。

生まれた年月によって個性があるのです。この個性とは、九星気学を用いて、何の分野でどんな年齢層をターゲットに、どのように売っていけば良いかを分析した結果のことを指します。

たとえば、持って生まれた性質が、事業経営者や何かを達成させた経験のあるような達観した人を集めやすいのに、安売り多売の商品を扱っていたとしたらどうでしょう。ターゲットが全く合っていないので、事業はうまくいくはずがありません。高級路線で落ち着いた雰囲気の商品を扱うべきです。

また、情報収集にすぐれ、感覚で動くことを得意としている人が、地道にコツコツと誰とも会わずに仕事をするような業種や業態に付くと、精神的に参ってしまうことになるでしょう。

このように、自分の個性や持って生まれた運などの特徴に合った仕事の仕方があるのです。このような自己分析をしっかりと行ったうえで、自分を活かすビジネススタイルにすると、無駄な努力が必要なくなります。

生年月日で分かる自分らしい仕事の方向性

では、自分の個性をビジネスにいかすための自己分析はどのように行えばいいのでしょうか。

世の中には、いろいろな自己分析方法があるものです。本屋さんのビジネス書のコーナーに行けば、いろいろな手法が紹介されていますし、スピリチュアル系の分野でも、ヒーリングやカウンセリングで自己分析ができるとうたっている商品も出ています。

その中でも、もっとも明確にわかるのは、九星気学を用いて自分を知る方法です。九星気学は、単なる占いとしてとらえられることが多い傾向にあります。しかし、本来、帝王学として人間育成のために使われたり、兵法として戦に勝つために使われたりしていた学問です。

九星気学を用いると、自分にはどんな役割が向いていて、周囲からどのような期待をかけられていて、どんな人が周りに集まりやすいかが分かります。

これらを活用すると、ターゲットを絞ったり、何をメインに打ち出していったら良いかが見えてきたり、自分の使命や役割が明確になるのです。

もともと持っている自分のエネルギーを最大限に発揮すれば、仕事はうまく回っていきます。世間一般的に言われる努力があなたの才能とあっていない場合は、いくら努力しても結果にはなりません。ビジネスに、あなたの個性を生かしていくことが重要なのです。

もし、今までの努力の方向性が間違っていたとしたら、軌道修正をすればうまくいきます。しかし、目の付け所は合っていたにもかかわらず、売り上げが上がっていないとしたら、おそらく、少しずれていただけではないでしょうか。その場合は、自分自身の持つ才能を明確にすることで、方向性が定まり打ち出しやすくなるはずです。

九星気学を用いて自分の強みを分析する

九星気学は、その人の生年月日で、本命星、月命星、最大吉方、同会、傾斜がすぐにわかります。これらが、その人の持っている個性を表しています。

  • 本命星…基本的な性質と特徴
  • 月命星…主に体に関する基本的な性質と特徴
  • 最大吉方…自分の持っている気を最大限に強めてくれる物ごと
  • 同会…事業拡大のカギ
  • 傾斜…潜在的に持っている可能性

これら一つひとつが、どのようなエネルギーを持つものかよって、方向性の定め方が変わってくるのです。これらを総合的にみて判断していくことで成果になります。

考慮する点がたくさんあり、複雑なため、細かい解説は、このページでは書ききれません。全体の大きな流れを見る必要があるのです。そのため、ここでは省略させてください。

ただ、これらを用いて実際に、たくさんのクライアントさんが、成果を上げています。

  • イベントを企画してみたら、100名以上の申込みがあった
  • 月10万円に届かなかった売上げが50万円を超えた
  • チカラのある大先輩からの後援を得られた

など、今までと同じ努力に、ほんの一ひねり加えただけで、売上が2倍、3倍になっています。ちょっとした工夫やきっかけで良いのです。

また、複数で何かに取り組むときも、誰と組むとどのような結果を導き出せるかを見ることもできます。相手の得意なことと自分のできることを効率よく融合させることで、短時間で結果を得ることに繋がるのです。

九星気学の活用は、起業や副業をしている人に、ぜひ学んで取り入れてほしい学問です。

まとめ

もし、あなたが頑張っているのに結果にならなかったり、努力が報われていなかったりしていると感じているのであれば、自分の持つ個性をビジネスに活かすことができていないからです。

あなたの持つまだ見えていないチカラを認識して、そこを活かしていくことで、売り上げは変わります。

ビジネスをうまく軌道の乗せるために、一般的に必要だとされる「努力」「事業計画」「広告宣伝」にあなたのエネルギーを使ったからといってうまくいくとは限りません。

それよりも、あなた自身の持つ見えないチカラに味方になってもらいましょう。そうすれば、今までと同じ努力で売り上げを倍以上にすることができます。

あなた自身も持つ見えないチカラを可視化するには、九星気学の活用が不可欠です。