サロン経営をしていたり、コーチ、コンサル、セラピスト、スピリチュアル起業をしている方は、数千円のメニューやセッションで運営をしていることが多いのではないでしょうか。

マッサージの世界では、1時間5,000円くらいでやっているサロンを多く見かける一方、60分で3,800円という激安店もあります。

個人事業としてやっていくためには、数万円から数10万円のオリジナルセッションや講座を作っていかないと、理想の収入と思い描く生き方を手に入れることは、おそらく難しいのではないでしょうか。

私自身も、起業したての頃は、数千円のセッションをメインでやっていました。しかし、1回数千円のセッションで、1か月食べていくために必要な金額を稼ごうとすると、正直言ってかなり無理があると実感しました。

このページでは、個人事業として、サロン経営やスピリチュアル起業をしていらっしゃる方へ、高額商品を作る際のポイントやメンタルブロックの外し方について書いていきます。

高額商品(メニュー)作成の必要性

たとえば、30万円を稼ごうとすると、1か月に5,000円のセッションの場合60名、10,000円のセッションで30名をこなさなければなりません。これは、一人で経営をしている場合、時間的にも体力的にも無理がある数字です。

また、これだけの人数を確実に集客するためには、ブログやメルマガでの情報発信は欠かせません。また、予約メールや問い合わせへの対応も必要です。問い合わせが確実に申込みになるかと言うと、そうではありません。メールでのやり取りは、時間が割かれるわりに、成果にならないこともあるのです。

実際に、周囲やアドバイスをさせていただいている方を見ていると、スピリチュアルのセッションなどで個人事業を行う場合、1か月に無理なく集客できるのは、数名~20名弱程度です。

つまり、1か月に30万円を稼ぎたいなら、30,000円×10名、50,000円×6名、100,000円×3名、30万×1名などのセッションや講座を作っておかないと、体力的にやっていけなくなってしまいます。

自分自身の体験から、起業して食べてけるようになりたい人は、必ず高額商品を作っておいた方が良いと言えます。

高額商品を作る5ステップ

高額商品を作ったほうが良いことは理解できても、いざとなると何から手を付けて良いか戸惑うかもしれません。今まで1万円以上のメニューを持っていなかったのに、急に高額商品をメニューに加えたほうが良いと言われても、どうやってメニューを作ったら良いのか分からないという方へ、高額商品を作るためのヒントをお伝えします。

まず、紙とペンを用意してください。

ステップ1・経緯を書き出す

今まであなたが学んだり、経験をしたりする中で、できるようになったセッション技法やそのほかの資格や経験などを、細かいことも含めて全部書き出してみましょう。

最初は、箇条書きでも大丈夫です。ある程度出しきったら、それらをメニューにするために、シンプルにまとめていくのです。

たとえば、同じマッサージの資格があったとしましょう。「○○マッサージ」にある人は、スピリチュアルな才能や経験をプラスして、「前世と繋がる○○マッサージ」「カルマが解放される○○マッサージ」としても良いのではないでしょうか。

一方、スピリチュアルな分野に興味がない「○○マッサージ」の資格取得者の場合は、そのマッサージを自分が受けたときの体感から、「重かった肩に羽が生えたように感じる○○マッサージ」などとしてもいいかもしれません。

万人共通の資格に、あなたの才能や経験をプラスすることで、あなた独自の個性やエネルギーの入ったオリジナルな商品になります。

ステップ2・やりたいことを書き出す

あなたは、どんなセッションや講座をしたいと思いますか?どんなお客様に、どんな雰囲気のセッションや講座をしたいでしょうか。

先ほど書き出したリストを見ながら、自分に制限をかけたり、周りの人を見渡したりすることなく、自由に書き出してみましょう。

ステップ3・月にいくらほしいか書き出す

豊かになりたい、自由に使えるお金が欲しいと言っていても、じゃぁ具体的に毎月いくらあれば良いのかを考えたことが無い方は多いものです。毎月最低いくらあれば、生活が維持できて、いくらくらいの余裕が欲しいのかを考えてみましょう。

そうすると、欲しい金額を実現するためには、いくらの商品が必要なのかが見えてきます。

自分の中の豊かさへの欲求を明らかにすることは、個人事業を続けていくうえで、モチベーションとなるため、とても大切です。

ステップ4・枠組みを決める

やりたいセッションやメニュー、講座など、売り出したい商品が見えてきたら、以下のことを決めていきましょう。

  • その商品で、あなたは何を提供しますか?(内容を決める)
  • その商品は、どれくらいの期間でお客様の目的が果たせますか?(回数や期間を決める)
  • あなたはその商品で、いくらいただければ全力を出せますか?(料金を決める)

これらのことが決まると、具体的なセッションや講座が、具体的にイメージできるようになってきます。

そのセッションや講座に、全力を出せる金額を設定しましょう。安い金額を付けてしまうと、出し惜しみをしてしまったり、妥協してしまったりすることになります。

もし、欲しい金額に今イメージしている商品の内容が伴っていないと感じるのであれば、オプションを足してください。これならこの金額を出してもらっても申し訳ないと思わないし、かえって、お客様にとってお得しかないと思えるくらいまで、商品内容を強化するのです。

そうすれば、罪悪感なく高額商品を出すことができます。

ステップ5・見えないチカラを活用する

自分がワクワクする金額と内容で、高額商品のイメージができてきたら打ち出す日を決めていきましょう。

発信日がとても重要です。これは、九星気学の進展性の法則(線路)を活用して決めていきます。自分の生まれ年のもつ九星とその日のエネルギーを合わせていくことで、物事を発展させることができるのです。

また、メニューのタイトルも厳選しましょう。九星気学では、姓名鑑定も網羅しています。画数による鑑定だけでなく、陰陽五行(いんようごぎょう)を含めた姓名鑑定により、良いエネルギーを発するタイトルを決めれば、自然と広がっていくのです。

陰陽五行を用いた姓名鑑定とは、文字の持つ画数による陰と陽のエネルギーの見極めと、文字のエネルギーを木・火・土・金・水の5つの要素に分けてとらえる考え方を言います。

メニューのタイトルの有効性については、実際に私が行ったセッションで実感しました、それは、同じ内容と金額だったにもかかわらず、タイトルの画数や陰陽五行を整えて付けたものと、整っていないものでは、予約の入り具合が全然違ったのです。

このように、見えないチカラを活用すると、広がりが違います。

仕事への世界観を変える

個人事業では、「自分がワクワクした気持ちでやり続けられるかどうか」が大変重要です。

あなたがワクワクできるなら、セッション中はもちろんのこと、その前後の接客中、ブログやSNSで発信する文章中などに、勝手にあなたらしさがにじみ出ます。その結果、独自の個性があふれ、魅力的なブランディングになっていくのです。

それでも、まだ不安や焦りがある場合は、自分の仕事に対する世界観をチェックしてください。あなたにとって仕事とは、どのようなものだと考えていますか?

「仕事」=「辛いもの・ガマンするもの」
「仕事」=「苦労との交換」
「仕事」=「時間と引き換え」
「仕事」=「クレーム対応」

という世界観を持ってると、実際にそのような状況を作ってしまいます。高額商品を打ち出したら、クレームが来るかもしれないとか、誹謗中傷をあびるかもしれないなどと考えていたら、せっかく思いついた商品を売り出すことができなくなってしまいます。

「仕事」=「楽しいもの」
「仕事」=「お客様が喜び自分もうれしい」
「仕事」=「収入をもたらしてくれるもの」
「仕事」=「夢中になれるもの」

このような世界観を持ってると、そういう状況になってくるのです。

高額商品を出すことで、喜んでもらえるお客様が増えると考えると、打ち出すことに抵抗がなくなるのではないでしょうか。

ただ、この仕事への世界観は、変えようと思って、自分に言い聞かせてもなかなか変えることはできません。書き換えるためには、あなたの理想の仕事観を実際に実行している人を探し、触れ合ってみることが必要です。

過去の偉人の本を読んでも良いでしょう。まだ存命で、会えるチャンスがあるなら、会いに行くのが一番いい方法です。その人の生き方に触れて、自分の中で疑似体験させましょう。

人間の脳は、疑似体験と本当の体験をあまり区別しないと言われています。疑似体験ではありますが、脳には自分の経験値として増えていくのです。そして、ある一定の経験値を超えてると、真実だと確信してしまうと言います。そうやって、自分の持つ仕事観をより良い状態へと変えて、抵抗なく高額商品を出していきましょう。

まとめ

個人事業として継続的にやっていくためには、数万円から数10万円の高額商品を打ち出していかないと、理想の状態にはなりえません。

ただ、どうやってそのような商品を作ればいいのか分からない方が多いものです。そのため、このページでは、高額商品の作り方を流れに沿って解説いたしました。

自分のできること、経験したことを書き出し、どのような形でお客様に届けるかを決め、金額を決定し、打ち出していくことでスムーズにオリジナルの商品をうみだせます。

ただ、心の中に踏み出せないものがあるのであれば、メンタルのブロックを外さなくてはなりません。そのブロックは、自分の中にある仕事観である場合が多いものです。

理想の仕事観を実践している人を探し、一緒に楽しむ光景を想像して疑似体験し、経験値を上げて、自分の仕事観を変えていきましょう。