インターネット上で商品やサービスを購入する場合、あなたは販売者のプロフィールを確認してから購入しますか?それとも、記事に書かれている内容だけで判断しますか?

物品の場合、製造元がしっかりとしていれば、取り扱っている人のプロフィールは必要ないでしょう。しかし、コンサルティングやセッションなどの場合は、どんな人がその商品やサービスを提供しているのか気になるものです。

インターネットで自分の求めているものを提供している人を見つけた場合、直接会ったこともなく、実在するかも分からないその人について、「この人はどんな人かな?信頼できそうかな?」とプロフィールページを読むのではないでしょうか。

それほどインターネットで集客をしたり、情報発信をする立場になるとプロフィールを掲載することが重要なのです。

このページでは、インターネットを使用するうえで欠かせないプロフィールについて解説をしていきます。

プロフィール掲載の重要性

インターネットで商品やサービスを購入する人の何パーセントが販売者のプロフィールを見ているかご存知ですか?

その答えは、なんと95%と言われています。つまり。あなたの商品やサービスを購入する方の「95%」が、あなたのプロフィールを見ているということです。これは、かなり高い確率と言えますね。

買ってくれる人の95%が、あなたのプロフィールを読んでいるとなると、プロフィールを掲載していなかったり、適当に書いていたりする場合、購入しようかどうしようかと検討中の方とのご縁を逃している可能性が高いと言えます。もしかしたら、ガッカリさせてしまっていることすらもあるかもしれません。

プロフィールは出会いと決断を左右する

たとえば、たまたまあなたのブログに訪れた方がいるとします。もしかしたら、その人は、あなたの新規のお客さんになる可能性がある人です。その人は、ブログの記事を読んで、どんな人が書いているのか興味を持ち、プロフィールを読むことでしょう。このとき、最初に心をつかむのがプロフィールなのです。

マッサージ、コーチ、コンサル、セラピスト、カウンセリング、スピリチュアルな業種業態で仕事をスタートした場合、最初は友人や知人などがお客様として訪れてくれます。しかし、その中でリピートしてくれる方はほんのわずかではないでしょうか。

やはり、新規のお客様に来てほしいものです。友人や知人は、あなたの人となりや経緯がなんとなく分かっているので、特にプロフィールを確認することはありません。しかし、新規の方は必ずと言っていいほど、プロフィールを読んでいます。

プロフィールを読んで、あなたのイメージを沸かせ、さらに信頼できる人なのかを確認するかのようにブログ記事を読み進めるのです。

中には、何度もブログに訪れて、過去記事をたくさん読んで、そのうえで申込みや注文をくださる方もいます。いくつもブログ記事を読んでいたとしても、いざ申し込む段階になると、もう一度プロフィールを見に行き、本当に申し込むかどうか決めるのです。

プロフィールは、最後の意思決定のときに決め手となる効力を発揮するともいえます。あなたも同じような経験はないでしょうか?

もし、あなたご自身が相手のプロフィールを見て購入決定をしないタイプの人だったとしても、インターネットでサービスを購入する人の95%の人がプロフィールを見ているというデータ結果は真実です。

プロフィールに書くべきこと

「プロフィールには、何をどんなふうに書いたら良いのでしょうか」とご質問をいただくことがよくあります。

プロフィールを書く際には、テクニックに走らず、原理原則を大切にして、誠意を持って書いていくことを忘れないでください。そのうえで書いてほしいのは次の3つです。

  • なぜその仕事をするのか(その仕事に至った経緯)
  • どこを目指しているのか(お客様にどうなってほしいのか)
  • どんな風に人や社会に貢献していきたいのか

これらがハッキリしていると、お客様の心に響き「この人に依頼をしたい」と思ってもらうことができます。

もし、いま現時点でぼんやりとしていたとしても、この3つのポイントを意識してプロフィールを書いていくうちに、どんな人に何を伝えたいか、自分はどんな目的でこの仕事を始めたのかなどが、どんどん明確になってくることでしょう。

目的とゴールをはっきりさせることで、自分の中に情熱が沸き上がります。その情熱は、文章に込められ、読者に届くのです。ぜひ、自分と向き合う意味でも、しっかりとプロフィールに向き合って書いてください。

おそらく、この3つのポイントを意識して書き出すと、3000文字を超えるボリュームで伝えることになるはずです。簡単に短く書くことは不可能だと思います。

自分の思いを整理する意味でも、しっかりとプロフィールは書きましょう。

目的を明確に持つことの重要性

プロフィールをしっかり書くことができると、あなたがなぜその仕事を選び、伝えたいと思っているのかが明確になります。このことによって、自分が向かうべき方向性が定まるのです。

たとえば、タクシーに乗って、運転手さんに「どこでも良いので、楽しいところへ連れて行ってください」と言ったとします。運転手さんは、海へ行けば良いのか、山へ行けば良いのか、映画館が良いのかと悩んでしまうことでしょう。

このように、目的地と何をしたいのかが分からないと、どの道を進んでどこへ行けば良いのか分からなくなります。その結果、無駄な時間や労力を使うことになるのです。

趣味や楽しみとして、活動しているのであれば、これでも構いません。しかし、起業して、しっかりお客様と向き合って、収益で食べていけるようになりたいと思うのであれば、目的とゴールはしっかりと定めておく必要があるのです。ここがあいまいな人で、成功した人は見たことがありません。

プロフィールの表示確認

あなたはどんなシステムを使用して、自分の仕事に関する情報を発信していますか?もし、現在アメブロを使用している方は、ご自身のプロフィールページがどのように表示されているかご存知でしょうか?

アメブロでは、2018年4月18日に大幅な仕様変更があり、プロフィールページの構成がガラッとかわりました。ぜひ、崩れて見苦しいものになっていないか確認してください。

アメブロのように、大きな母体の中でブログを運営している場合、その会社が倒産したり、仕様変更をした場合、思いがけない変更を余儀なくされますので、できれば、ご自身でホームぺージを管理されたほうが良いでしょう。

アメブロを使用していない人でも、ときおり自分のプロフィールページを見直すようにしてください。

見直していないと、もうすでに行っていないセッションのことを紹介していたり、新しく取得した資格や施術方法を記載していなかったりするからです。

せっかくお問い合わせいただいたのに、そのメニューを行っていないとなると、お客様をがっかりさせてしまいます。頻繁に見直す必要はありませんが、思い出したときで良いので、見直すようにしましょう。

まとめ

インターネットを使用して、情報を発信している場合は、必ずプロフィールを記載しましょう。あなたのサービスや商品を購入しようかどうか考えている人は、必ずプロフィールを読むからです。

プロフィールを読んで、本当に信頼できる人なのか、自分の希望を叶えてくれる人なのかを判別しています。

そのため、わずか数行の適当なプロフィールを書いていたら、新規のお客様を逃すどころか、既存のお客様からの信頼までも失ってしまう可能性があるのです。

しっかりとプロフィールを書くことは、自分の思いを整理したり、目的やゴールを見定めたりすることにもなります。たまたま訪れた人をファンに変える力をも備えるのがプロフィールです。

ぜひ、魅力的で、熱量の伝わるプロフィールを記載して、新規顧客を獲得し、収益を上げていきましょう。